毛穴で皮脂が目づまりを起こし、そのせいでアクネ菌が化膿して起きる肌トラブルが、ニキビです。ホルモンバランスが乱れることで思春期にはにきびが多くなりますが、生活習慣や、肌タイプによってもニキビは発生するものです。ニキビの改善や予防のためには、スキンケアは重要なステップになります。基本的には皮脂の異常分泌を防いで、肌を清潔に保つ事が、ニキビ予防に効果のあるスキンケア方法として重要なポイントです。洗顔の際には肌に負担をかけないようにして、洗浄料をよく泡立てて、決して肌表面をこすらないようにしましょう。お肌の状態を維持するには、洗顔後の保湿もポイントです。お肌が乾燥していると、肌荒れの原因になりますので、保湿ローションはふんだんにつけるようにすることです。スキンケアを施す時に、ニキビの改善を目的とした基礎化粧品を活用することも、ニキビ対策として有効です。誘導ビタミンや硫黄には炎症を抑え、ニキビを改善する作用があり、化粧品も数多く販売されています。肌の保護に使用する乳液やクリームを使用する際には、油分の豊富なものは避け、軽い使用感のものを薄く塗るだけにしておくと、油分過多による悪化の予防になります。ニキビの症状が落ち着いている時であれば、フルーツ酸などを使用した軽いピーリングも有効なスキンケアの手段です。固くなった角質層を薄く剥がし取ることで、みずみずしく新しい肌を表層に露出されることができるといいます。